雁屋哲の今日もまた

2008-12-13

酒を休む

 日本の有名な作曲家が、「毎日酒を飲んではいけない。酒を飲んでいては真剣な大きな仕事は出来ない」と言っていた。
 その通りだと思う。
 作曲家の場合はどうなるのか分からないが、物書きの場合、酒を飲んで書いた文章は、最低である。
 酔いがさめて読み返すと、自己嫌悪で死にたくなる。
 酒を飲み続けていると、体力が低下する。
 脳の機能も低下する。
 結果として根気が無くなるので、まともな大きな仕事は出来なくなる。
 ちょこちょこと、ごまかしのきく仕事しか出来なくなる。

 それに、酒は飲んだときは陽気になるのだが、翌日激しい鬱になる。
 二日酔というわけではない。
 体調が悪いわけではないのだが、いや〜な気持ちが、覆い被さってきて、何もする気がなくなってしまう。

 実は、10月1日から、長い間断っていた酒をまた飲み始めた。
 私はアルコール中毒でも、アルコール依存症でもないので、酒は止めようと思ったらいつでもやめられるのだが、一旦飲み始めると、仲々止まらない。
 ついつい、毎日飲んでしまう。
 それでも、和歌山県の取材中、何日かは断酒した。
 それは、どう言う訳か取材中に胃腸の具合が悪くなったからだ。大勢の方を巻込んでいるのに、取材先で私が「具合が悪くて食べられません」などと言うことになったら、とんでもないことになる。大勢の方が善意で協力して下さっているのに、それを踏みにじってしまう。
 それを恐れて、用心のために断酒したのだ。
 しかし、その胃腸の不具合も、「取材中に具合が悪くなったら困るな」と、自分に精神的な圧力をかけていたからであって、取材が終わった途端、胃腸がすっきりして、和歌山の帰り大阪で盛大に飲み食いをしても何ともなかった。
 実に私は、気の小さな男で、心配性で、些細なことで自分を縛り付けてしまう。

 ま、それとは別の話で、やはり、しばらく酒を休もうと思う。
 来年の春、放映の予定の「美味しんぼ」のテレビドラマの構成をしなければならない。
 何としてでも、視聴率を20パーセント以上取ることが至上命題だ。
 前回までのテレビドラマは、プロデューサーに全てお任せしてきたのだが、今回は、最初の構成から私にしてもらいたい、と言うことになった。
 今テレビ局も不況で苦しんでいる。
 そんな時に、制作費のかかる「美味しんぼ」を作るのだから大変だ。
 何としてでも、良い成績を上げなければならない。
 構成の締切りの日も近づいた。
 もう、とても酒なんか飲んでいられない。
 と言う訳なのだ。

 仕事は昼間にすればよいのだから、夜酒を飲んでも構わない、と言えばそうなのだが、「ここは、ひとつ、しっかり決めるぞ」と自分に気合いを入れるために、酒を休むのだ。
 大晦日は、シドニー恒例の花火大会だ。
 大勢の友人たちと楽しむことになっている。
 その日は、当然大酒を飲まなければなるまい。
 大晦日を楽しみにして、それまで、酒を休む。

 ところで、親愛なる読者諸姉諸兄よ。
「シドニー子育て記」はお買い上げ頂きましたか。
 まだ買ってくださっていない方、すぐ本屋さんに注文を出してください。
 沢山買ってくださいね。
 どんどん、宣伝してくださいね。
 お願いしますよ。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2022 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。