雁屋哲の今日もまた

2016-12-03

私と福沢諭吉

明日、12月4日は、前回お知らせした、

「問い直そう、日本の『近代』と『戦後民主主義』ー『戦後作られた福沢諭吉神話を徹底検証」

という第の研究発表会が開かれます。

出来るだけ多くの方が参加されることを願っています。

また、「まさかの福沢諭吉」の購入申し込みを多くの方に頂きました。有り難うございます。速やかに発送しますので、お待ち下さい。

さて、明日の会で、どうして私が「まさかの福沢諭吉」を書こうと思ったのか、お話ししようと思いましたが、会の制限時間を越えてしまいますので、その内容を、このページに書きます。

例によって長すぎると、ご批判を頂くと思いますが、PDFにしましたので、お読みいただければ幸いです。(これは、安川寿之輔先生が発行しておられる「さようなら、福沢諭吉」第2号に掲載した物です。)

まさかの福沢諭吉*

クリックすると、PDFファイルが開きます。

場合によってはフォントが大きく出てしまうかも知れませんが、その際には、画面上で小さくして下さい。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。