雁屋哲の今日もまた

2012-09-30

胸がわくわく

10月6日、マリノス対広島戦を見に行くぞ。

前回、対大阪ガンバ戦の時に、2006年のワールド・カップ、ドイツ大会の時に、ニュルンベルグの会場まで持って行って、途中の道中も着ていた、「22 Nakazawa」と書かれているユニフォームを着て行こうと思ったんだが、ちょっとみっともない、かなと思って、普通の服装で行ったら、何のことはない。
日産スタジアムのマリノスのサポーターは、みんなユニフォーム姿ではないか。
遠慮して、損した。
で、次回は、必ず「Nakazawa」のユニフォームを着て応援に行くぞ、と決めた。

ところが、今回、そのユニフォームが見つからない。
どこをどう探しても見つからないのだ。
連れ合いは、「てっちゃんは、お酒を飲んでいい気持ちになった時に、誰かに上げてしまったんじゃないの」という。
そう言うことはしょっちゅうあるのだが、「Nakazawa」のユニフォームだけは人にあげるはずがない。

ちょっと発狂状態になったのだが、念入りに探しに探したら(一月以上かかりましたよ)、戸棚の隅にビニールの袋に入っていたのを発見した。
矢張り、私は、あのユニフォームを大事にしていたことがこれで判明。
ただ、連れあいが言うのには、「マリノスの試合なのに、2006年のワールド・カップの時のユニフォームは具合が悪いんじゃないの」
律儀に言えば、そうかも知れない。
しかし、ドイツ大会で、日本は予選で敗退して悲しかったが、中澤の守備の活躍は見事だった。
前回の、大阪ガンバ戦も、中澤の守備があってこそ、と言う試合だった。
相手が攻めて来て、危ない!、と言う時に必ず中澤が守ってくれるのだ。
その時の、活躍もあるし、今のマリノスでの活躍もあるし、ドイツ大会の思い出もあるし、ちょっとかっこうわるいかも知れないが、私は、どうしてもそのユニフォームを着て中澤のプレーを見たいんだ。

マリノスの樋口監督様。
お願いだから、10月6日、中澤を先発させて。

当日、サッカーの試合をサッカー場で見るのは初めて(いつも、テレビで見ている)と言う次女も連れて行く。
なんだか、もう胸がわくわくして。

おーい、マリノスのサポーター、10月6日には日産スタジアムに全員集合だぜ!

集まれよーっ!

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。