雁屋哲の今日もまた

2008-08-09

何度目かの失敗

 またまた、痛み止めで失敗した。
 一ヵ月ほど前に上手く行かなかった痛み止めを、最近体調が良くなったから大丈夫かも知れないと思って、再試行したのだが、やはり駄目だった。
 今日試したのは、オキシコドンと言って、モルヒネ類似の、アヘンから合成するアルカロイドで、モルヒネより鎮痛作用が強い。
 今日使ったのは、十二時間かけてゆっくり体に吸収されるように作られた錠剤で、医者は、これを飲めと言う。
 しかし、やはり、私には合わない。
 前回、コデイン60ミリグラムを取ったときほどではないが、やはり、ボーッとなって、細かい考え事が出来ない。

 痛み止めで失敗を繰返すなんて、愚かだと思われるだろうが、こればかりは体に合うかどうか、実際に試してみないと分からない。
 試行錯誤しかない。
 鬱陶しいことだ。

 こう言う状態ではPLOのことなど書けないので明日に延期します。

 ところで、昨日のオリンピックの開会式、見ましたか。
 まあ、大変に大がかりなもので、準備がさぞ大変だっただろうと思った。
 様々な衣装を着た人が登場した。あの衣装のデザインをしたのは石岡瑛子氏だが、仲々、見事な衣装だった。
 一番、驚いたのは、何十本もの四角柱が上下に動いて、それで全体に様々な字を形作って見せた演出だ。
 あれは、技術的には簡単で、それぞれの四角柱を動かすプログラムを組んで、機械で四角柱を上下するだけのものだ。
 と思っていたら、最後に、四角柱の中から人が現れたので驚いた。
 四角柱は機械で動かしていたのではなく、中に入っている人間が、立ったり座ったりして、上下させていたのだ。
 全員、耳にイヤホーンを付けていた。イヤホーンを通して一人一人の動きを指令するのは簡単だが、実際に生身の人間がそれを行うのは大変だ。
 体中に発光ダイオードをつけた男たちの見事な動きにも感心した。
 北朝鮮のマスゲームも有名だが、こう言う統制の取れた動きは、全体主義国家でなければ出来ないことだ。
 しかし、可愛い女の子が歌を歌ったのはいいが、口パクだったのは白けたな。

 今日の、シドニー・モーニング・ヘラルドは「The Eighth Wonder of The World」という見出しで、開会式を讃めていた。(世界の七不思議にこの開会式を加えて、八番目の不思議。世界の七不思議に匹敵すると言う訳だが、昨日の意地の悪い記事と比べると、随分讃めた物だ。)
 この開会式で、世界中の北京・オリンピックに対する印象は好転しただろうか。

 大会初日、早速日本の選手は負け続きだ。
 外国に住んでいると、非常に愛国心が強くなる。日本選手の成績が悪いと、がっくりと落ち込む。
 とにかく、日本選手全員、頑張ってくれ。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2019 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。