雁屋哲の今日もまた

2009-03-24

野球は戦争じゃないよ

「美味しんぼ」の和歌山県篇の原稿を必死になって書いていたら、沖縄の「あ」から電話がかかってきた。
「おい、WBC見ているか」
「え、見てないよ」
「何だよ、お前韓国の監督の態度はフェアーじゃないなんて書いておきながら、見ないのかよ」
「いや、どうせ韓国に勝てっこないし、原稿も一杯一杯でな」
「ふうん、今、2点差で日本が勝ってるよ」
「どうせ、逆転負けするさ」
「あ、今一点入れられた。一点差になっちゃった」
「ほらな」
「じゃ、最初のところを見てないな」
「何かあったの」
「開会式のセレモニーでさ、国旗掲揚とか国歌斉唱とかするだろう。その時の日本の選手たちの態度が実にだらしないんだ。
 ガムなんかくちゃくちゃ噛んでさ、だらだらしてんだよ。
 それに引き替え韓国の選手たちは、姿勢はぴちっとしてるし、実に引き締まった、礼儀正しい態度なんだ」
「ガムかあ」
「おれ達が子供のころ学校でガム噛むなんて許されなかっただろう」
「そりゃ、そうだ」
「人前でくちゃくちゃやるなんて最低じゃないか。それも、開会式のセレモニーでだぜ」
「まあな。君が代を歌うのがいやなら、控え室にいればいいんだし、ただ、黙っていてもいいわけだしな。他人にとっては大事なセレモニーを汚すことはないよな」
「だろう、見てて凄く不愉快だった」
「だから日本は韓国に勝てないんだよ。ソニーだってサムソンにこてんこてんだしな」
「どうして日本はこんなになっちゃったんだろうな。腹が立つよ」

「あ」はしばらく愚痴をこぼして電話を切った。
 私は君が代も日の丸も大嫌いだ。
 だが、サッカーの国際試合の時に両国の国旗掲揚、国歌斉唱となって周りの人間が立つと、みんなの雰囲気を壊すと悪いから一応は立つ。国旗は別に見ないし、君が代なんか、ああいう音楽的に劣悪な物を口にすると、せっかく歌は上手だとみんなに讃められているのに、その歌が下手になるおそれがあるから、死んでも歌わない。
 大体、あのあほらしい文句を口にする勇気がない。
 立っているのに飽きたら、勝手に座ってしまう。
 だからと言って、そこで、儀式を破壊するようなことはしない。踊ったり、騒いだり、ラッパを吹いたりはしない。
 しかし、日本の教育委員会のように、国歌斉唱の時には立て、なんて言われたら、寝ころぶか、あるいは、突拍子もない音階を外した全く別物の君が代を歌ってやる。
 いや、じつは、この突拍子もなく音階を外した君が代というのを、色々作って歌ってみたのだが、これが面白いのだ。
 この日記は、音符を書けないので、私のひどい君が代を乗せられないのは残念である。
 と言ってみたら、次男によれば、このブログに音楽も乗せられるそうで、そのうちに、雁屋哲バージョンの君が代をこのページに乗せて、さらに雁屋哲の評判を悪くしようと企んでいる。
 私が、見本を示すから、心ある方は、と言うか、君が代を国歌として認めることに反対する人は、私のまねをして、「おもしろ君が代」バージョンを作って頂きたい。

 ええと、いつもの事ながら、書いているうちに、何を書いていたのか忘れてしまういい加減なブログだが、「おもしろ君が代」は絶対に作りたいね。
 これから、教育委員のあほどもに、君が代を歌えと言われたら、ちゃんと起立して、この、「おもしろ君が代」を大声で歌うんだよ。
 それが、馬鹿な教育委員どもをやっつける一つの方法だと思う。
 教育委員の連中が、このページを見て対策を考えるおそれがあるので、実際に教育委員から攻撃があったら別の方法があるから、その際には報告をするように。

 あ、WBC では、日本が勝ってしまったようだね。
 日本ではただ喜んでいるようだが、韓国は大変みたいだね。
 韓国では、これは野球の試合ではない。韓国を植民地化した最悪の人間、伊藤博文(言っておきますがね、韓国にとってだけでなく、日本にとっても最悪の人間だったんですよ)と、伊藤博文を殺した安重根をとりあげ、伊藤博文をイチロー、安重根を韓国の投手に見立てて、この試合は単なる野球の試合ではなく戦争だ、などと物騒なことを韓国の有力な新聞で言っておりました。

 驚きましたね。
 スポーツってそんな物だったんですか。
 私は、ナショナリズムと言う物はそれ自体病気だと思っている。
 私が、何時も言っている愛国心とは、自分の育った国に対する感謝の念と、その地方で、その文化を共有する人間にたいする愛情だ。
 他国にたいする、敵愾心などとは無縁の物だ。
 敵愾心ではない。自分のひいきのチームが勝ったら気持ちがいい。
 それだけの話だ。
 スポーツってのはさ、フェアーに思い切り全力を出して、小ずるいことを考えずにさ、楽しくやろうよ。
 野球の試合を戦争に見立てたりするのはよそうよ。
 全て、スポーツは楽しむに限ります。
 韓国残念。
 でも、過去の戦績を見てご覧なさい。韓国の圧倒的勝利の記録。
 今回日本が勝てたのは幸運の限りであって、次に試合をすれば韓国が勝ちますよ。
 チームというか、一つの団体になったときの韓国人の力は凄いんだから。
 そう言う意味から、前回の日本戦の後の韓国の監督の言葉はまずかったね。
 とにかく、フェアーに行きましょう、フェアーにね。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2019 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。