雁屋哲の今日もまた

2008-12-26

最近日記の更新が途絶えていますが

 最近、日記の更新が途絶えてしまって、自分でも淋しい。
 その原因は、「美味しんぼ」のテレビドラマの構成に、時間を取られているからだ。
 テレビドラマにするからには、漫画のままではつまらないし、と言って、漫画から余り離れてしまっては、これまた、読者諸姉諸兄を裏切ることになる。
 この辺のかねあいが難しい。
 今までの単行本を読み返す作業から始めたので、これまた非常に疲れた。
 自分で書いておきながら、何でこんなに沢山書きやがったんだ、なんて罵ったりして。
 訳の分からないことになっています。
 反「嫌韓・嫌中」についても書きたいし、捕鯨問題も書きたい。
 ああ、テレビドラマの構成なんて引き受けるんじゃなかったな。
 疲れて、疲れて・・・・・・・
 しかし、新藤兼人監督なんて、九十歳なのに新しい映画を作っているんだ。
 私如きちんぴらが、テレビドラマの構成くらいで泣き言を言うのはちゃんちゃらおかしい、よね。
 あ、誤解されるといけないから言っておきますが、私がするのはあくまでも構成ですからね。
 私の構成を、プロデューサーに渡して、検討して貰って、当然手直しの要求などもあったりして、最終的に、シナリオライターがシナリオを書くことになる。
 私は、テレビのシナリオなど、書けません。
 あれは、特殊技能を必要とする物です。
 漫画の原作と似ているようで、まるで似ていない。
 以前、集英社の新人漫画大賞原作部門の選考委員をしていたことがあった。
 そのさいに、映画やテレビのシナリオライターが、原作部門の賞を狙って随分応募してきたが、テレビや映画のシナリオでは漫画にならない。
 逆に、漫画の原作の書き方ではテレビや映画にならない。
 このあたり難しいもんですよ。

 だから、私は構成だけ。
 シナリオなんかにはとても手を出す勇気はありません。
 全く別の才能が必要なんです。

 でも、その構成が辛くてね。
 もう、12月の26日だって言うのに、仕上がらない。
 何が何でも、あと4日で仕上げて、大晦日の花火大会を楽しむぞ。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2019 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。