雁屋哲の今日もまた

2013-05-16

橋下氏が我々に与えた屈辱

今回橋下氏が言ったことを、筋道立てて書くとこうなる。

「兵士の性(的問題)をどうコントロールするかはいつの時代も軍のオペレーションとして最重要課題だ」

「当時は日本だけじゃなくいろんな軍で慰安婦制度を活用していた。あれだけ銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、そんな猛者集団というか、精神的にも高ぶっている集団は、どこかで休息をさせてあげようと思ったら慰安婦制度は必要なのはこれは誰だってわかる。」

「人間に、特に男に、性的な欲求を解消する策が必要なことは厳然たる事実。現代社会では、それは夫婦間で、また恋人間で解消することが原則になっているが、時代時代に応じて、様々な解消策が存在した。日本以外においても軍人の性的欲求不満解消策にいわゆる慰安婦が活用されていたのは事実」

「慰安婦制度じゃなくても、風俗業っていうものは必要だと思う。だから沖縄の海兵隊・普天間に行ったとき、司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と言った。

「いわゆるそういう性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にあるわけだから、もっと真正面からそういう所を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできない」

一方で橋下氏は、こうも言っている。
「法律上認められる風俗も、買春ではない。
「風俗=買春とは世間知らずだ」

それでは、「海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできない」ではないか。言うことのつじつまが合わない。世間知らずは誰だ。あるいは、世間知らずのふりをしているのは誰だ。

橋下氏の言いたいことは、簡単に言えば、こうなる。
「兵士たちに慰安婦は必要である」→「軍人の性的要求不満解消にいわゆる慰安婦が活用されていたのは事実」→「だから、沖縄の海兵隊は風俗業を活用すべき」

結局「沖縄の風俗で働く女性を米軍海兵隊の慰安婦にしろ」と言っているのだ。
橋下氏は、自分の姉であり、妹である沖縄の女性を、外国の兵士の性欲の発散道具に差し出すというのだ。
歴史上、どんな国であれ、自分の国の女性を外国兵に差し出すという、情けない発言をした人間はいないだろう。
風俗で働く女性たちに対する最悪の侮辱、日本国民に味わわせた最大の屈辱だ。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。