雁屋哲の今日もまた

2013-04-24

安倍晋三総理大臣は正気か

びっくり仰天、とはこのことだ。

安倍晋三総理大臣は、村山談話に関して、

「侵略という定義は学会的にも、国際的にも定まっていない。国と国の関係でどちらから見るかで違う」

と述べた。

 

村山談話とは、1995年8月15日に、当時の村山富市首相が閣議決定をもとにした物で、「植民地支配と侵略によって、アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」と公式に植民地支配を認め、「痛切な反省の意」と「心からのおわびの気持ち」を表明したものだ。

 

安倍晋三総理大臣のこの言葉は、村山談話に対してなされた物であり、当然ここで言う「侵略」とは、「1945年以前に、日本が、韓国・朝鮮、中国に対して行った、軍事的政治的行動」を指しているのだろう。

 

氏の言う「学会的」の学会とはどこの国のなんと言う学会なのか。

「国際的」の国際とは、どう言う国々の事を指しているのか。

それがはっきりしない。

 

しかし、氏の言いたいことははっきりしている。

「1945年以前に、日本が、韓国・朝鮮、中国に対して行った、軍事的政治的行動」

は侵略ではない。

そう言いたいのだろう。

 

一体どこのどう言う学会が、「1945年以前に、日本が、韓国・朝鮮、中国に対して行った、軍事的政治的行動」を侵略と定義できないと言っているのか。

日本以外のどの国が、「1945年以前に、日本が、韓国・朝鮮、中国に対して行った、軍事的政治的行動」を侵略ではないと言っているのか。

学会と言っても、訳の分からない学会では駄目で、世界的にその権威を認められている学会でなければならない。

国際的、と言った場合、一つや二つの国だけでは駄目である。

国際連合に加盟している国の大多数の意見である必要があるだろう。

 

仮にも氏は日本の総理大臣である。

このような思考能力・判断力そして理性を失った人間に固有の現実離れした与太話を国会で堂々とされては困るのだ。

どこかの居酒屋で、わずかな酒で酔っぱらって腹具合がおかしくなり、手洗いに駆け込みたくなったが、手洗いが一杯で入れない。ああ、どうしよう。もう駄目だ。

そのような切羽詰まったときには、思考能力・判断力も理性も失って訳の分からないことを口走ることもあるだろう。

しかし、国会の場でそれは大変に困る。

 

不思議でならないのだが、このようなことを、各新聞社は論評も加えず、批判もせずそのまま伝えるだけである。

自民党の広報誌と変わらない。

国民も何の反応も示さない。

 

こんな事でいいのか、皆の衆。

 

安倍晋三氏には、氏の祖父の岸信介以来の件で言いたいことがある。

折から、週刊朝日の5月3日/10日合併号から、「『星条旗』下の宰相たち」という連載が始まった。

この連載の中で、1957年2月、岸信介が総理大臣に就任する当日に、どんなことをしたか、きちんと書くかどうか、それを私は見守ることにする。

もし、週刊朝日がその日に岸信介がしたことについて何も書かなかったら私が書く。

その日、岸信介は、自分がアメリカの奴隷であることを、示したのである。

安倍晋三氏について、何か書くのは、週刊朝日の記事の進展を待ってからのことにする。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。