雁屋哲の今日もまた

2011-01-18

勝つには勝ったけれど

 17日の日本対サウジアラビアの試合。
 近頃これだけ、空気の抜けた国際試合という物は見たことがない。
 サウジアラビアが国を挙げて戦意を喪失してしまったんだな。
 スタジアムにサウジアラビアのサポーターの姿は殆どなく、客席は閑散としている。
 すぐ隣の国なんだから、サウジアラビアから、カタールまで来るのは訳がないはずなのに、全然いない。
 前回の、対シリア戦の際のシリアの応援団のような騒ぎも何も無い。
 気合いが入らないこと甚だしい。

 サウジアラビアでは、最初の敗戦で監督は辞めさせるし、今度はサッカー協会の会長まで、首にして、何人もいる王子の一人が後釜に座った。
 そう言う国内での、諦めが、選手にも伝わっているのだろう。
 前半8分過ぎに岡崎に最初の点を取られると、20分までに三点も取られてしまう有様。
 後半に入ると、開始6分ほどで前田が得点をする。
 後半35分には、岡崎がハットトリックを達成。
 これで、5-0だ。
 あまりに一方的な試合に、オーストラリアのアナウンサーは「練習試合みたいですね」という。
 とにかく、こんな気の抜けた試合は初めて見た。
 余り一方的に日本が攻めるので、とうとうオーストラリアのアナウンサーは「これじゃ、海水浴場の射的ゲーム屋だ」とまで言った。

 5-0で勝ったのは嬉しいが、この5点の内、2点でも3点でも、次の試合に持ち越せないだろうか。
 川島、松井、それに本田まで欠いて、ゲームが始まるまでは一体どうなることかと大いに不安だったが、試合が始まってみると、「あれれ、何だこれ?」とあきれるばかり。
 対シリア戦の様な、神経をすり減らすような思いもいやだが、こんなお葬式みたいなゲームもいやだな。
 適当にはらはらさせて、最後はきっちりと勝つ。
 それでこそ、満足出来るという物で、昨日の試合は、なんというか、前の日にコップについで飲み残して日向に置いておいたビールのように、何の刺激もなかった。

 でも考えてみれば贅沢だな。
 勝ったんだから、素直に喜ぼう。
 良かった、良かった。

 それにしても、香川はおかしいね。
 運動神経が狂っているんじゃないのか。
 下らないミスを繰返す。俊敏さがない。
 普通じゃない。
 岡崎は、いつも、スーパー・サブだなんて言って、先発出場をさせて貰えなかったが、今日の働きで、監督の評価が変わるんじゃないか。
 本田より、遙かに鋭かった。(まあ、昨日のサウジアラビア相手では、はっきりとした判断は下せないけれどね)
 非常に良かった。
 前田も、今までに何度もシュートを惜しいところで外していたのが今日は2本決まって溜飲を下げただろう。
 良かったね。

 こうなりゃ、優勝しかないね。
 次の試合は、きっと、はらはらするだろうな。
 そこで、しっかり勝つ。
 うう、次の試合が楽しみだ。(しかし、これでは、仕事が進まない。助けてくれ)

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。