雁屋哲の今日もまた

2010-05-19

竜巻

 昨日の午後、晴れていた空が曇ってきて、外を見たら不思議な雲がみえる。
 雲から、しっぽのような物が垂れて下がっていく。
 竜巻の雲だ。
 ベランダから写真に撮った。

竜巻ベランダから

 この位置からは見えないが、右側は太平洋が一望できる。
 実は、この写真を撮る前に、海の上まで届く竜巻雲が出来ていた。
 あわてて、カメラを撮りに行く僅かの間に、その部分から雨が降り始め竜巻雲は見えなくなった。
 残念、と悔しがっていると、すぐに、左側から雲が垂れ下がり始めた。
 家並みが邪魔になるが、その背後は太平洋である。
 しかも、この、竜巻雲が一個所だけでなく、二本、三本とあちこちに出現した。
 私は、竜巻雲をこの目で見るのは初めてなので興奮した。
 しかし、この竜巻雲も、あっという間に姿を消した。
 実に不思議な現象だ。

 すると、今日のSydne Mornig Herald紙に、その竜巻を海岸から写した写真が載っていた。

 Waterspouts whip past Sydney

 これは不安定な上昇気流が生じて、上空の雲を引き寄せて生じたもので、その近くにいたら大変に危険だが、この竜巻は陸に近づくにつれて弱くなってしまうという。
 この写真を見ると、サーファーが慌てて逃げて来たように思えるが、サーファーは気がついていないのではないか。

 シドニーは実に気候の変動が激しく、さっきまで快晴だと思っていると、突然一天にわかにかき曇って土砂降りになったりする。
 残念なのは、竜巻雲が、二本も三本も、垂れ下がっているところを撮影できなかったことだ。
 カメラはいつも手元に置いておかないと行けないと反省したが、そうは言ってもなあ。望遠レンズまで、いつも手元に置いておけませんや。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2019 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。