雁屋哲の今日もまた

2012-11-15

ヤットさん有り難う!

ヤットさん有り難う。
今日の全日本対オマーンは体に悪かった。
試合前から、本田選手は額に玉の汗を浮かべていて、如何にも調子が悪そうだった。
オマーンの選手がレーシング・カーとすると、まるで日本の選手はエンジン・オイルが焼き付いた車のように動きが悪かった。
後半、危険なのところから、フリーキックをを与えて、そのまま点を取られた時には、私はそのまま、テレビを消した寝てしまいたくなった。
しかし、それでは、私の念力が通じない。
辛いところを頑張っていたら(って、まるで私が試合を自分で戦っていたみたい。おかしいね)、おお、もうじきロス・タイムという時に、酒井高徳、遠藤保仁、岡崎慎司の連繋で決勝点を入れてくれた。
酒井、遠藤、岡崎、この三人全てが良いところを見せてくれたのだが、とくに、私は遠藤保仁のあの踵でのセンターリングには、泣いた。
凄い。
それ以外に言いようがない。
遠藤は、実は、私のような横浜マリノス・ファンからすると、天敵である。
遠藤のおかげで、何度マリノスが悲しい目に遭わされたか。
しかし、全日本の一員となるとこれは別。
Jリーグの恨みは忘れて、ただ全日本の勝利に貢献してくれることを願うばかりだった。
去年のアジアカップの最終戦だって、遠藤が全体を見極めて、実に巧妙に長友にボール出し、その長友が見事なセンターリングをして、李忠成のボレーシュートとなった。

遠藤のあの巧妙な球出しがなかったら、長友のアシストも、李のシュートもなかった。

遠藤は、コーナーキック、フリーキックの技術も凄いけれど、途中の試合作りに他の人間にはできない才能がある。
今日も、そうだよ。
どうして、あの時に、あんなところにいて、しかも、踵でセンターリングが出来るんだ。
今日の最高殊勲選手は遠藤だ。
これで、今日は気持ち良く寝ることが出来る。
ヤットさん、有り難う!

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。