雁屋哲の今日もまた

2011-01-30

ああーっ気持ちがいいーっ!

 ザッケローニ監督は非常に選手の交代が上手だ。
 最後にリーを出した時に、私は、これはやってくれるのではないかと思った。
 そして、後半のあの長友のサイドの走り、いつもながら見事だが、そこからのセンターリングは教科書通り。
 しかも、オーストラリアのディフェンスはどうしたことか、リーをフリーにしていた。リーはゴールの真ん前で、相手のディフェンスもなく一人で待っていた。
 そこに、長友の見事なセンタリング。迷わずリーが一発だ。

 いやあ、もう体中にたまっていた欲求不満が一気に解消した。
 試合自体は韓国戦よりもっと悪かった、オーストラリアのシュートは20本近く、日本は10本程度。
 日本のパスは必ず取られる。高いボールは必ず取られる。
 日本がボールを取られると,オーストラリアはいとも簡単にそれをゴール前に運んで、すさまじい猛攻をを仕掛けてくる。
 韓国戦のPK戦の勢いを川島が持っていて、信じられないよう好セーブの連続。
 中でも、脚ではじいてゴールを外させたのは見事だった。
 圧倒的にオーストラリアが優勢では私は死刑を宣告されて、死刑執行を待っている人間の気持ちになってしまった。

 苦しいったらありゃしない。
 とにかく、体が大きい。そして大きいくせに、すばしこい。
 日本がパスをする前にするすると入って来て、パスを奪う。
 ボールの保持力は、オーストラリアが圧倒的だった。
 あんなに何度も、危ないシュートが続いて、どうしてオーストラリアに点が入らなかったのだろう。
 これが、サッカーの面白さという物だ。

 オーストラリアの選手たちは、どうして自分たちが負けたのか、信じられないだろうな。
 長友とリーの見事な、サッカーのお手本みたいな、センタリングとシュートを見せつけらては、当分寝られないんじゃないか。
 とにかく、これで、明日は町に出かけて行って、顔見知りのオーストラリア人に「昨日のサッカー面白かったねえ」と相手構わず言ってやろう。
 これで、日本のサッカーチームも、オーストラリアに対する劣等感を解消出来たのではないか。
 ああ、いい気分だ。
 これで、気合いがしこたま入ったから今取りかかっている「福沢諭吉」の本がぐわーっと進むだろう。

 最後に、シュートを決めた、リー・忠成は在日韓国人だったのだが国籍を日本に変えたのだそうだ。
 リー選手は、日韓友好のためにも活躍している訳で、本当に嬉しいことだ。。
 松井、香川と言う二人を欠いて、一次はどうなることかと思ったら、全くの幸運でオーストラリアに勝てた。
 いや良くやった、はしゃぎすぎてきりがないからこれで止める。
 サッカーの試合の時に、なると、どうして私は、ミーちゃんハーちゃんよりひどくなるのかね。

 さあ、ぐっすり寝るぞ。
 全日本のサッカーファンの皆さん、五十尺玉の花火を上げましょう。
 それに、一、二、の,三、『どどどどどどどどどどっ—かーんんんんんんんんんんんんんんっ!!!!!!
 ずどどどどどどどどどどどどっかーんんんんんんんんんんっ!!!!!!
 ほうら、空に、巨大な日本の勝利を祝う赤い牡丹の花の大花火が開いたぞっ。
 ああ、気持ち良かったねえっ!

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。