雁屋哲の今日もまた

2009-03-21

韓国のWBCの監督はフェアーじゃない

 WBCの準決勝の1位2位を決める試合を見た翌日の朝鮮日報ネット版で韓国の監督が
「きょうの勝敗にそれほど意味はない。これまで使えなかった選手を中心に起用し、こちらが勝った試合に出場した選手を温存するという戦略で臨んだ」。
 と言っているのを読んで非常に不愉快に感じた。
 負けた監督がこんなことを言うのかよ、と言うのがまず第一の印象。

 試合に勝ったとしても、これは、言うべき言葉ではない。ましてや負けておいて何を言うのか。卑怯だ。汚い。およそフェアー・プレイという態度がない。自分の対戦相手にたいする尊敬の念がない。いかなる試合であれ自分のもてる最大の力を発揮するという、フェアー・プレイの精神が分かっていない。

 日本の選手がこの試合に必死に取り組んだのは知っているはずだ。韓国は自分たちの方が強いのは当たり前だから手を抜いたというのか。負けた後で、「こっちは本気を出さなかったからね」、というのは相手を侮辱する最悪の言葉だ。いや、試合に負けた自分自身をも侮辱する最悪の言葉だ。負け惜しみなんてことですむことではない。これだけは、スポーツ選手が言ってはならないことだ。

 韓国のWBCの監督よ。
 君にはスポーツをする資格がない。
 君に率いられるチームの選手が可哀想だ。
 君に率いられたチームの選手が、WBCで優勝したとても、それは君たちの国家の名誉になるかも知れないが、スポーツのフェアー・プレイの精神からみたら、敗者だよ。
 君の、あの一言は、本当に醜悪だった。
 スポーツを愛する人間である私にとって、あんな言葉を眼にしたくなかった。
 スポーツ以上に韓国を愛する人間である私にとってはなおさらだ。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2018 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。