雁屋哲の今日もまた

2016-11-27

「まさかの福沢諭吉」、発刊、そして緊急のお願い

ずいぶん時間がかかりましたが、私の福沢諭吉についての本、「まさかの福沢諭吉」は出版元の「遊幻舎」の担当者によれば、11月25日に印刷製本が仕上がり、取次店に搬入したと言うことです。

私が20日に発売開始などと言ったばかりに、何人もの方から本屋に行ってもまだなかった。Amazon でも品切れ表示しかなかったと、お怒りの電話やメールを頂き恐縮しています。

考えてみれば、2009年からこの本を書き始めたわけで、途中福島のの鼻血問題などで対応せざるを得なくなり、反論の一冊本を書かなければならなくなったりして、福沢諭吉の本は遅れに遅れました。

それでも、2015年の12月には発行できる状態だったのですが、私の娘達二人がその原稿を読んで、「これは、マンガの形式で書いた方が、分かりやすい」と強く言うので、急遽マンガ形式にしたために、また時間がかかりました。

漫画家は、「日本人と天皇」の時のお願いした、シュガー・佐藤さんです。

シュガーさんの労力は尋常な物ではなく、800ページに及ぶマンガを、1年あまりで描き上げて下さったのです。

下に、「遊幻舎」の書いた、出版案内を掲載します。(上下2巻、上巻432ページ、下巻368ページ)

まさかの福沢諭吉新刊案内1

まさかの福沢諭吉新刊案内2画像はクリックすると大きくなります。

定価は上下二巻で3600円プラス消費税で、3888円ですが、このブログの読者に限り、上下二巻3100円(送料なし、振込手数料なし)で販売します。ご希望の方は、氏名、住所、郵便番号、電話番号を、明記の上、このブログに申込んで下さい。出来るだけ多くの方に読んで頂きたいと思って、「遊幻舎」の担当に頼み込んでこの値段になりました。

ところで、今度の私の本「まさかの福沢諭吉」について語る前に、緊急に皆様にお願いしたいことがあります。

2009年の福沢諭吉についてのページにも書きましたが、日本で真実の福沢諭吉の思想、行動を明らかにして、その実像を明確に捉えた研究者は、ただ一人名古屋大学名誉教授安川寿之輔先生だけでしたが、最近は、帯広畜産大学、経済学教授の杉田聡先生が、安川寿之輔先生先生とはまた別の見地から、鋭い福沢諭吉論を展開されており、私はこのお二人こそ、真実を追及するためには何事をも恐れず、周囲からの雑音にも怯まず、傲然として日本の社会の不正に立ち向かう真の学者であると尊敬しています。

安川寿之輔先生、杉田聡先生のお二人は無智な私に色々とお教え下さり、まさに私の師であり、同士とも恃む方です。

そのお二方と私とで、12月4日に明治大学で、「問い直そう、日本の『近代』と『戦後民主主義』ー『戦後作られた福沢諭吉神話を徹底検証」という題で研究発表会を開きます。

そのビラを以下に掲載します、

2016-12-04 研究会1
2016-12-04 研究会2

この研究・発表会、について広報活動をあまりしていないことが、何と昨日になって私は知りました。
このままでは、当日人が集まる可能性は今の所低いと私は思わざるを得ません。
私は大変に焦っております。
そこで、読者の皆さんにお願いです。
この私のブログのURL(kariyatetsu.com)を出来るだけ多くの方たちに、送って頂けないでしょうか。
もう一週間もないのにこの有様で、お恥ずかしい限りですが、出来るだけ多くの方に、参加して頂きたいのです。
参加ご希望の方は、このブログに「12月4日、参加希望」として、お名前をお書きになって申込まれれば、当日入場料が1000円のところ、「事前申し込み」として800円の入場料となります。
また、当日会場で、「まさかの福沢諭吉」を上下で3000円、「美味しんぼ『鼻血問題』に答える」を1000円で販売します。
一人でも多くの方に参加して頂けますよう、皆さんのご協力をお願いします。
「まさかの福沢諭吉」についての、文章は、次回に掲載します。
今回は、お知らせと、お願いだけにしておきます。

 

 

 

 

 

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。