雁屋哲の今日もまた

2014-05-22

色々と

1)以前、このページで、取材は、「福島の真実篇 その24」が終わってからお受けすると書きましたが、現在のところ、まだ冷静な議論をする状況にないと判断して、取材をお受けするのを先に延ばすことにしました。

私は、様々な事情があって、早くても7月の末まで、日本に戻れません。

取材はそれから、ご相談させて頂きます。

また、勝手ながら、取材のお申し込みに対して個別のお返事は差し上げられません。

 

現在、取材を申し込んで来られた皆様には申し訳ないことですが、ご了承下さい。

 

2)「美味しんぼ」の休載は、去年から決まっていたことです。

今回色々な方が編集部にご意見を述べられていますが、そのようなことに編集部が考慮して、「美味しんぼ」の休載を決めた訳ではありません。

 

「美味しんぼ」の「福島の真実篇」は最初単行本にして1巻の予定で始めました。

しかし取材を重ねている内に、単行本1巻ですむような事では無いことが分かり、急遽、単行本2巻で納めようと言うことになりました。

単行本2巻で納めるのは、24話が限界です。

そんな訳で、最初から、「福島の真実篇」は「24話」で終わりと決まっていたのです。

 

「その22」で鼻血の件を書いたところ、反響が大きく、熱心な愛読者の方からは「圧力に負けないで勇気を持って書き続けて欲しい」というお便りを数多く頂きました。

ご心配頂いた読者の方には申し訳ないのですが、その段階で原稿は書き上げてあり、作画もできあがっていたので、圧力に負けようにも負けようがなかったのです。

 

これからしばらく「美味しんぼ」は休載しますが、休載は過去にも何度かあり、6ヶ月以上休載したこともあります。

連載も長期化すると、原作者も、作画家も時に休みを取る必要があるのです。

 

「美味しんぼ」休載の事情は、以上の通りです。

ご理解くださるよう、お願いします。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。