雁屋哲の今日もまた

2014-04-01

フロンターレのサポーターの皆さん、許して下さい

4月1日は、Western Sydney Wanderersの応援に、川崎フロンターレの根拠地、等々力陸上競技場に行くのだ。

チケットが早々と売り切れてしまい、一般席しか手に入らなかった。

その一般席で、Western Sydney Wanderersのユニフォームを着て、Western Sydney Wanderersの応援をするのだから、これは度胸がいる。

実は、これには訳があって、Western Sydney Wanderersには2年前から、小野伸二選手が加入して、それまでサッカーの人気が今一だったシドニー、ひいてはオーストラリア中のサッカー人気を一気にもり立ててくれたのだ。

以前にも、このページで紹介したが、小野選手のオーストラリアでの人気は絶大で、小野選手は、この6月で、日本に引き揚げるというのに、小野選手の所属しているWestern Sydney Wanderersがある、Paramatta市から、小野選手にその功をたたえるメダルが授与された。

その、Western Sydney Wanderersが、アジア・チャンピオンズリーグ戦に出場することになり、既に、川崎フロンターレとは、オーストラリアで闘いWestern Sydney Wanderersが勝っている。

今度は、川崎フロンターレのホームでの試合となる訳だ。

私の家族は、小野選手がWestern Sydney Wanderersに加入して以来、Western Sydney Wanderersのホームでの試合に良く出かけている。

私の家から、Western Sydney Wanderersのホームの競技場まで50分以上かかるのだが、いつも家族で最低5人で、カツサンドを弁当に持って行って、ゲームを楽しむ。(カツサンドは、勝つ、ためのサンドイッチと、げんを担いでいるのだ)

地域的に言えば、本当は私達は、Sydney FCを応援しなければならないのだが、私達のお目当ては小野選手なので、越境的にWestern Sydney Wanderersを応援しにSydneyではなく、Paramatta市まで出かけている訳だ。

その、Western Sydney Wanderersが、小野選手のおかげで良い成績を収めたので、アジア・チャンピオンズリーグに出場できることになった。

じつは、そのために、試合のスケジュールが過密になり、選手たちにとっては有り難いが同時に困ったことであって、4日ごとに試合という状態が続いている。

私が日本にいる間に、Western Sydney Wanderersは負け続けてしまい、オーストラリア・リーグで最初は1位だったのが、現在5位に落ちてしまった。

その、Western Sydney Wanderersが日本に来て、川崎フロンターレと闘うとあっては、応援に行かざるを得ないでは無いか。

 

ああ、何という恐ろしい日になるのであろうと考えるだけで、震えが走る。

私は、フロンターレのサポーターの真ん中で、Western Sydney Wanderersのユニフォームを着て、Western Sydney Wanderersを応援するのだ。

フロンターレのサポーターの皆さん、許して下さい。

これも、小野伸二選手を応援するためなのだから。

雁屋 哲

最近の記事

過去の記事一覧 →

著書紹介

頭痛、肩コリ、心のコリに美味しんぼ
シドニー子育て記 シュタイナー教育との出会い
美味しんぼ食談
美味しんぼ全巻
美味しんぼア・ラ・カルト
My First BIG 美味しんぼ予告
My First BIG 美味しんぼ 特別編予告
THE 美味しん本 山岡士郎 究極の反骨LIFE編
THE 美味しん本 海原雄山 至高の極意編
美味しんぼ塾
美味しんぼ塾2
美味しんぼの料理本
続・美味しんぼの料理本
豪華愛蔵版 美味しんぼ
マンガ 日本人と天皇(いそっぷ社)
マンガ 日本人と天皇(講談社)
日本人の誇り(飛鳥新社)
Copyright © 2017 Tetsu Kariya. All Rights Reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。